お金持ちの思考と貧乏(平均的な人たち)の思考はどのように違うのか徹底調査してみました。

大きく違うのはこれ👇

貧乏人の思考

・消費行動

・無駄な固定費

・リスクの取り方

・勉強量

貧乏人の私の行動を徹底調査したところ違いは大きくこの4つでした。

消費行動

多くの人は何とも思わないで行動していると思います。仕事頑張ったからご褒美にとかたまには息抜きでという事で旅行に行くこと、ブランド品を買いまくることですね。ちなみに私はブランド品などは買いあさりませんが、たまに贅沢とか言って美味しいごはんを食べたり飲みに行ったりします。これが大きな落とし穴だそうでお金持ちの思考からするとそういうことは将来の資産にならないので無駄な支出と考えるそうです。貧乏になる人の魔のスパイラルは仕事で消耗→消費により回復→また仕事で消耗を繰り返すことにあるそうです。お金持ちになる人ほど消費よりも将来お金を増やしてくれる投資や事業などにお金をつぎ込みます。

この貧乏まっしぐらのスパイラルを止めるにはいささか努力が必要です。まずは消費行動の代表である飲み会への参加を減らすことですね。また高級車を買ったりブランド品を買うという行動も改めるべきですね。

無駄な固定費

無駄な固定費といえばボロボロ出てくると思います。生命保険や大手通信会社のスマホや住宅ローンや車のローンといった支出です。お金持ちの人はこのようなものにお仮名を使わない人が多いようです。住宅ローンの場合35年で組みますよね。その金利などがとても高いです。毎月決まって高額な支出があるとお金は貯まらず何も生み出せないと考えているようです。

お金を増やそうと考えたらまずここは外せないのです。固定費を削ることでちまちま生活費を削らなくても良くなるからです。生命保険に関しては保険屋さんはかなり高額な商品を進めてきますが本当に必要なのか私たち消費者はいまいち良く分かりませんよね。何となく必要そうだから入ってしまう事が多い!その何となく人がやっているから自分も買わないといけないという考えがすでに貧乏人への道をたどっています。お金持ちはその支出は本当に意味があるのか考えて行動しているので世間に流されることはしません。なので生きたお金の使い方になるのでしょうね。

・スマホ代の見直し

・保険料の見直し

・その他定額で支払っているものの見直し又は解約

最低限これは必要かと思います。すでにうちはローン組んでいるのでどうにもできないです。できることから始めます(‘ω’)ノ

リスクの取り方

圧倒的に違うのがここです。リスクが取れるという事です。お金持ちの多くは何かしら事業をしています。その事業を成功するにはある程度のリスクをとらないと成功しません。貧乏人はリスクを取ることを避けます。

投資は怖いからやめておこう

会社務めをしないと生活できなくなるかもしれないから取り合ず働こう

などなどリスクを取ることから避けて安定とかもうすでに成功しているから大丈夫といったことにした手を出しません。ところがお金持ちの人はこの感度が優れていて本当に成功する保証がなくても自分の感で出資したりします。

勉強量

これが貧乏人には圧倒的に足りません。お金持ちの人は本当に勉強しています。人と違う事ができるのは確信をもって進めるのは圧倒的な勉強による知識と経験があるからなのです。勉強して勉強したことを経験して自分の物にすればおのずと将来の方向性が見えてきていち早く行動できるという事です。これで本当に良いのか、本当にお金になるのかなんて言っているようではまだまだその道の勉強が足りていないという事になりますね。いやはや勉強大事ですよ。時間が無い人は時間を作る工夫が必要ですね。残業まみれでへとへとではないですか?育児中でも子供が昼寝の時間や夜寝た後に時間取れませんか?そういう時間を作って勉強していく人は今後10年20年後での勉強していない人との差がとんでもないことになると思います。

今からでもダラダラ時間を減らし勉強してそれをアウトプットして自分の資産にしていくことをしていきたいと思います。本当にここから10年はこれができるかできないかで生き方が変わってくると思います。

という事で私の現在の行動とお金持ちの人たちの行動の大きな違いでした。

という事はこれを改善していけばお金持ちというか、自分でお金を生み出すことができるようになるのではないかと考えていおります。

皆様も思考を変えて行動してみてお金を生み出していきましょう!!


Yosan

一児のママですが余剰資金で仮想通貨をかってお金の勉強に励んでます。 仮想通貨で投資をして生活することを夢見てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です